FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンダムUC〜ユニコーンの日

Episode1の始まりは、西暦から宇宙世紀(Universal Century)に移り変わるところから始まる。
首相官邸ラプラスで行われた改暦セレモニー、テロリストによって爆破されてしまう。このテロが、反政府によるものなのか、自作自演なのかは分からないが、以降の反政府運動に対する政策に影響があったのは事実だろう。それにより、ジオン軍が生まれ云々が想像できる。
このテロに参加したサイアム(冒頭の老人)がその時手にした箱が「ラプラスの箱」である。
ガンダムUCの物語は、この「ラプラスの箱」を巡った争いになる。
開けば地球連邦政府が転覆すると言われる「ラプラスの箱」
それを受け継いできたビスト一族だが、何を考えたのか「ラプラスの箱」をネオ・ジオンに受け渡す流れで始まる。



このネオ・ジオンは、逆襲のシャアでシャア・アズナブル自身が総帥を務めたネオ・ジオンとは異なる。この辺がややこしい部分で、前回Z、逆襲のシャアまでは見ておいた方がいいと言ったのはココに理由がある。
まず、Zで出たネオ・ジオンとは、ザビ家の生き残りであるミネバ・ザビをハマーンが養護し、小惑星アクシズで生まれた。
次に、逆襲のシャアでシャアが総帥となった新生ネオ・ジオン。ザビ家を中心としたネオ・ジオンには、元々ダイクンの思想下に集まった元ジオン軍にとって、少なからず不満をもたらしていた。しかし、ダイクンの息子キャスバル率いるネオ・ジオンには同調すると集まったのが、新生ネオ・ジオンだ。
で、今回のネオ・ジオンはミネバ・ザビを立てている部分では、アクシズ系かと思うが、シャアの再来と呼ばれる「フル・フロンタル」がシャア行方不明後、散り散りになったネオ・ジオンを集めた集団である。そこに残っていたミネバ・ザビを養護するネオ・ジオンが合体した大所帯となっている。

話を戻すと、ラプラスの箱をネオ・ジオンに託すといったビスト家にミネバが単身(今回の主役であるバナージと共だが)乗り込み「ラプラスの箱なんて要らん。余計な争いを生むだけだ」といって、カーディアス・ビストに攻め寄るが、ビスト家も色々とあるようだ。骨肉の争いによってややこしいことになる。
この辺は、初見だけだとイマイチつかめない所になってしまう。登場人物の人間関係に注意が必要だ。

Episode1は、本当に冒頭エピローグといった感じだが、後につながる色々なことや人物が登場する。



コメントの投稿

非公開コメント

コンビニ手稿
プロフィール

かわのもりや

かわのもりや

コンビニ手稿ブログ

リンク
最新記事
カテゴリ
タグ

 エマージェンシー ナイフ 緊急 サバイバル OPINEL ライター  BBQ オピネル テント カトラリー  タープ ミニマム 焚き火 タクティカルベルト 怪我 BAT ケトル  コーヒー 珈琲 山珈琲 山コーヒー プラスティックボトル 水筒 ビリーバット ポケットストーブ 漫画 ファースト・エイド ナルゲンボトル BILLY 

月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。