スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランケンシュタインの誘惑「人が悪魔に変わる時 史上最悪の心理学実験」

フランケンシュタインの誘惑 科学史 闇の事件簿
毎月1回ペースで放送されているこの番組
今回は史上最悪の心理学実験として、スタンフォード監獄実験が紹介された。

スタンフォード監獄実験
1971年8月14日から1971年8月20日まで、アメリカ・スタンフォード大学心理学部で、心理学者フィリップ・ジンバルドー (Philip Zimbardo) の指導の下に、刑務所を舞台にして、普通の人が特殊な肩書きや地位を与えられると、その役割に合わせて行動してしまう事を証明しようとした実験が行われた。模型の刑務所(実験監獄)はスタンフォード大学地下実験室を改造したもので、実験期間は2週間の予定だった。
新聞広告などで集めた普通の大学生などの70人から選ばれた被験者21人の内、11人を看守役に、10人を受刑者役にグループ分けし、それぞれの役割を実際の刑務所に近い設備を作って演じさせた。その結果、時間が経つに連れ、看守役の被験者はより看守らしく、受刑者役の被験者はより受刑者らしい行動をとるようになるという事が証明された。



似たような心理実験で有名なのが
ミルグラム実験(アイヒマン実験・アイヒマンテスト)というものがある。

ミルグラム実験(アイヒマン実験・アイヒマンテスト)
アメリカ、イェール大学の心理学者、スタンリー・ミルグラム(Stanley Milgram)が1963年にアメリカの社会心理学会誌『Journal of Abnormal and Social Psychology』に投稿した、権威者の指示に従う人間の心理状況を実験したものである。



実験をした事自体を攻める論調が多い「スタンフォード監獄実験」。
確かに、実験により精神的ダメージを受けた人たちには大いに同情するが、この実験が行なわれなかったら、人が持つある種の残忍性は証明されることなく、現実のモノとして未来永劫行なわれ続けたのではないだろうか。
大きなジレンマであることは事実だ。


スタンフォード監獄実験が示した結果を考えると、誰しもが日常的に陥る心理状態の恐ろしさを秘めている。

実験の結果
●権力への服従
強い権力を与えられた人間と力を持たない人間が、狭い空間で常に一緒にいると、次第に理性の歯止めが利かなくなり、暴走してしまう。
●非個人化
しかも、元々の性格とは関係なく、役割を与えられただけでそのような状態に陥ってしまう。



個人的な資質や育った環境などは関係ない。
権力というものと役割を目の前にしたら、誰しもがその心理状態に陥る可能性を持っているのだ。

例えば、会社という権力の中で、教育係を命じられた時、部下に対してパワハラを起こさないでいられる保証はどこにもないのだ。

先日偶然にも、お局様という題材でブラックバイトについて書いたが、「コンビニ探偵! 調査報告書:初心者にとって最も怖いのは誰か コンビニバイトの裏事情」これも、一種のミルグラム効果とも言える。
オーナーから権限を持たされたバイトがその他のバイトに対して行なわれた、看守と受刑者の関係だ。

逆に権限や権力を持っている人間が考えなくてはならない。
従事者は権力者の言うことを容易に受けてしまうということを・・・

被験者が実験の続行を拒否しようとする意思を示した場合、白衣を着た権威のある博士らしき男が感情を全く乱さない超然とした態度で次のように通告した。
●続行してください。
●この実験は、あなたに続行していただかなくては。
●あなたに続行していただく事が絶対に必要なのです。
●迷うことはありません、あなたは続けるべきです。
四度目の通告がなされた後も、依然として被験者が実験の中止を希望した場合、その時点で実験は中止された。そうでなければ、設定されていた最大ボルト数の450ボルトが三度続けて流されるまで実験は続けられた

コメントの投稿

非公開コメント

コンビニ手稿
プロフィール

かわのもりや

かわのもりや

コンビニ手稿ブログ

リンク
最新記事
カテゴリ
タグ

 エマージェンシー ナイフ 緊急 サバイバル OPINEL ライター  BBQ オピネル テント カトラリー  タープ ミニマム 焚き火 タクティカルベルト 怪我 BAT ケトル  コーヒー 珈琲 山珈琲 山コーヒー プラスティックボトル 水筒 ビリーバット ポケットストーブ 漫画 ファースト・エイド ナルゲンボトル BILLY 

月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスカウンター
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。